スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の日記

2004-11-30 (Tue) 15:41[ 編集 ]
ちょっとずつ旧ダイアリーの移行してたんですが、ここで止まってます。これ以上前の日記はここをクリックしてね



スポンサーサイト

ブンとランがうちにやってくるまで

2004-11-01 (Mon) 21:43[ 編集 ]
ブンちゃんはペットショップからうちにやって来ました。最近はやはりブリーダーさんが主流なんでしょうが、その時はブリーダーさんから買うことすら知らなかった犬飼いについては初心者の私たち。旦那様と私は最初からフレンチを飼いたいと思いいろいろ巡ってました。何匹か見たものの最初はペット可マンションではなかったので、かわいくても住宅事情により購入できず。でもでも、あるペットショップで前日に入ってきたばかりというフレンチに私たちは一目ぼれしました、それがブンタロウ。もうテンションあがりましたよ。小さいころから少々ふてぶてしかった。無表情で尻尾フリフリしてる姿がかわいくてたまりませんでした。他の店舗にブンちゃんのお兄ちゃんがいるらしく、その子も連れてきてくれたお店の人。ブンちゃん兄は、ブンちゃんより大きくて、顔にも左右対称にぶちがはいり、体も牛柄でした。模様としてはお兄ちゃんのほうが絶対かわいいのですが、私たちはブンちゃんに釘付け、その日につれて帰ってしまいました。その後・・・。ばたばたと引越しに終われましたけど、今となってはいい思い出です。

うちに来たブンタロウは二ヶ月で約2キロ。小さかったなぁ。私と旦那様は当時一緒の職場で仕事も忙しく、朝8時から夜11時ぐらいまで二人して不在でした。ブンタロウはよく体調崩して、さびしい思いさせてしまったなぁと今振り返っても心苦しい日々でしたね。そんな気持ちから、もう一匹いればブンタロウもさびしくないかと思い、ランが新しく家族になりました。

ちょうどブンタロウが6ヶ月のころです。ランは高級ペットショップにいたチワワ。誕生日がブンタロウと一緒ということは後から知ったのですが、すでにランも6ヶ月、早く売れないと悲しい結末があるのかと思うとランに目がいってしまいました。実際触ってみると本当に愛想がよく、必死に私に訴えてるような気がしてランを迎えることに決めました。二匹とも6ヶ月のパピコ最初は本当に戦争のようで、育児ノイローゼになりそうでしたが(笑)

今となっては、ブンタロウとランが仲良く寝てくれてる姿を見ると多頭飼いっていいなぁと思います。
puro1.jpg

puro2.jpg

puro.jpg

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。